佛教大学で教員免許を取得。科目履修生なら比較的取得しやすいです。

佛教大学 通信教育課程 科目等履修生コース 教員免許課程

佛教大学通信教育は教育系の雑誌に宣伝がよくされていて認知していたからです。

また、勤務校内でも、この大学で教員免許を取った人がおり、親近感があったからです。受験対策は必要ないと言えます。なぜなら、書類選考だけだからです。

わたしの勉強方法

勉強方法は、非常にオーソドックスです。

指定テキストを、課題リポートのお題に合わせて該当箇所を読み込むというものです。

それだけですと、理解が難しい、あるいはリポートの規定する字数に到達しない、という場合は、指定テキスト以外に参考文献なども図書館で手に入れて読みました。

これらの資料元に作成すれば、リポートは大丈夫です。

科目修得試験は、情報戦です。インターネット上で、過去の試験などが分かりますので、そこから傾向を見て学習します。

⇒佛教大学に資料請求する

教員免許状が取りやすい環境

教員免許状取得を目指して入学し、現に取得できたので佛教大学に入学したことを満足しています。

それも、そこまで大変ではなく取得できましたので嬉しかったです。

これを可能にしたのは、次の2つです。

1つ目は、科目修得試験の開催回数と場所が豊富なところです。チャンスが多いのでありがたかったです。

2つ目は同じ志の方が多く、励みになるとともに、科目修得試験などの情報が得られることです。

通学時代のように試験情報を交換しあい、若返った気分になりました。

初学科目で教員免許目指したため難しかった

やはり学習内容が難しいことが大変でした。

私の場合は、すでに教員として勤務している最中に、勤務校で人員が不足している科目をとることになっていました。

そのため、多くの人は自分が得意だからという科目で、免許取得のために学んでいますが、私はそうではありません。

そのため、テキストが前提としている知識がそもそもありませんでした。

したがって、もっと簡単な本を探したり、ネット検索したりする時間が多かったです。

これを、時間のない社会人としてやりましたので、大変でした。

科目履修生として教員免許の取得だけしたい人におすすめ

恐らく、この利用形態が多い大学なので、教員免許が取りたい方にはおすすめできます。

単位は、リポートの字数がおおめですが、取りやすい部類だと思います。

スクーリングのため通学する必要もありませんでした。学費も良心的だと思います。

ですが、正科生として、スクーリングなども行いながらという人にとって便利なのかは分かりません。

また、初めて教員免許とる人にとっては、あまり教育現場を意識できない環境で、単位だけ取るのは不安だと思います。

したがって佛教大学通信教育は科目等履修生として教員免許の上積みなどに適してる通信制大学です。

勤務校で受け持ち科目を変更しました

元々、勤務校の必要に迫られて取りましたので、取得後は受け持ち科目を変更しました。

主要科目となり、入試問題の担当などにもなり、新たな業務経験もするようになりました。

これは、当時に入試手当など、金銭面の待遇アップにもつながって良かったです。

また、目に見えない効果としては、自分に自信が持てるようになりました。

なぜなら、長時間労働が当たり前の教育業界において、残業など日々しながらも、初学分野について、決して少なくない単位を取ったからです。

自分の可能性を期待できるようになりました。

佛教大学通信教育・科目履修生で教員免許を取得した30代男性からの口コミ体験談

⇒佛教大学に資料請求する