玉川大学通信教育

玉川大学通信教育に入学した理由

大学在学中にゼミの先生に大学卒業後、通信教育で小学校の教員免許を取得しようとしている旨を伝え、どこがいいかを相談した際、玉川大学を教えてくださったからです。
大学在学中の成績証明書などの書類を集めて送付したくらいで、受験対策などはしませんでした。

玉川大学のスクーリング

私は地方に住んでいますが、東京の本学であるスクーリングに参加しなければならなかったので、宿をとり10日間ほど滞在し、受講しに行きました。生徒の年齢層は幅広く、同じグループになった男性の方は2周りくらい年上の方でした。私は教育学部だったので教育に関する授業を受講しましたが、先生の話しはとてもためになり、遠くまで行き慣れない土地に短期間とはいえ滞在しながら学びに行くのは不安もありましたが、受講する価値はあったなあと思います。また、普段は一人でテキストを読み黙々とレポートを作成して、の繰り返しで孤独だったので、同じように頑張る仲間と実際に話すことでモチベーションも上がり、情報も交換でき横の繋がりが増えたことはとてもありがたかったです。

玉川大学の単位取得方法

単位修得のためにはスクーリングの受講と教育実習の実施、レポートを提出、合格をもらったあと単位修得試験を受ける必要がありました。
私はまずいつまでに全ての単位を取ってしまうか余裕を持たせて計算し、そこから逆算して1か月にいくつずつ単位を取っていくか計画して、平日夜や休日の空いた時間にレポートを作成しては郵送で提出し、を繰り返していました。試験前は図書館などで半日から1日かけて勉強して臨んでいました。
スクーリングの際は主に課題が出たので、授業終了後に課題に取り組み提出したりしました。

スクーリングは特に満足度が高かった

まずスクーリングの授業は質が高かったように思います。現場での経験豊かな先生方のお話しは、テキストを勉強するだけでは学べない内容も多くてためになるものが多く、目から鱗が落ちるお話しをたくさん聞くことができました。授業の内容もためになりましたが、教員免許を取得後現場でも生かせそうな知識や経験談も聞けてとても参考になりました。
また、スクーリングに集まってる仲間たちもモチベーションが高い人が多く、最終日にはみんなで教員採用試験に合格しよう、とグループのみんなにお守りを買ってきてくれた人もいて、スクーリングが終わった後も、そこで出会った仲間の存在が勉強していく中でとても励みになりました。

レポートで合格をもらうのに苦戦

レポートを合格しないと単位取得試験を受験し合格しても単位がもらえないので、できるだけ早くレポートを合格したいところでしたが、なかなか合格をもらえないことが多く、中には何度書き直し提出しても不合格だったレポートもいくつかあったので、その度に新しいレポートも作成しながらやり直しのレポートにも時間を費やしたりしたのでレポート作成にはとても苦戦しました。
私が書く要領や内容があまりにも悪いんだろうかと悩んだこともありましたが、周りの仲間に相談するとみんなも同じ科目でなかなか合格をもらえないと苦戦していたことが分かったので、玉川大学は割と判断基準が厳しいのかなと思いました。

あまりおすすめしないかな…

レポートの合格基準が厳しいように思うので、その点があまりおススメできない理由です。他の通信大学の教育学部を受講していた知り合いにレポートの状況を話すと驚いていました。通信大生の中には、仕事の合間をぬって必死に時間を捻出して勉強している人や、もう採用が決まっていて勤務開始までに一刻も早く免許を取得しなければいけないような状況の人もいるので、あまりにも合格基準を厳しくするのもどうかと思いました。
ただ、スクーリングの質は高いので、質の高い授業を受けたい方にはおススメです。

小学校教員免許をいかして幼稚園で働きました

私は通信大学で小学校教員免許第一種を取得し、その数年後幼児の英語教育に興味を持ち英語環境の幼稚園にて、幼稚園の免許は持っていませんが教員免許を持っているから、ということで働くことができました。働きながら、幼稚園で学ぶことが小学校でどのように生かされていくのか、と関連付けながら園児と関わることができたように思います。今は結婚を機に幼稚園は退職しましたが、まだ英語教育に関わりたいという気持ちもあるので、いつか小学校で英語を教えられるチャンスができた際に、この小学校の教員免許を生かせたらなと思っています。

玉川大学科目履修生で小学校教員免許を取得した20代女性の口コミ