特別支援学校教員免許を取得できる通信制大学。卒業生の口コミ体験

通信制大学で特別支援学校教員免許を取得した体験談

佛教大学 教育学部 課程本科 教員免許状取得課程(特別支援学校)

当時、特別支援学校に講師として勤務しておりました。

私は大学卒業時に中学校社会、高等学校公民の教員免許を取得していましたが、特別支援学校の教員免許は持っておらず、勤務校の校長の勧めもあり、特別支援学校の教員免許が取れる通信制の大学に行くことにしました。

受験対策は試験がなかったので、特にしておりません。

スクーリング

1年間で特別支援学校の教員免許を取得しました。

スクーリングは合計2回。1回目は1日のみ、2回目は1週間程度でした。

キャンパスは京都府にある佛教大学のキャンパスでした。

通学は北海道在住なので飛行機とバスで京都まで行きました。

授業の進め方は講義を受けた後、試験がありました。

生徒の年齢層は比較的若く20~30代の方が多かったように思います。

学んだ内容は特別支援学校教育、障がいをもつ子どもの心理、生理、病理などです。

単位の取得方法

修了にはレポート提出とスクーリング、教育実習の3つが必要でした。

レポートは提出を求められている科目をどんどん書いていき、郵送していきました。ほとんどの科目は大学のテキストを参考に書きました。その後単位修得試験を受けます。

スクーリングは合計2回。1回目は1日のみ、2回目は1週間程度でした。スクーリングでは講義を受けた後、試験を受け合格することで単位がもらえます。
教育実習は2週間、勤務校以外の学校に行きました。

1年で特別支援学校教員免許を取得できて満足

他の通信制大学も調べましたが、普通学校の教員免許を持っている場合、特別支援学校の教員免許取得のために2年かかる大学もありました。

私の選んだ佛教大学は1年間で取得できるところで、実際、私自身も1年で取得できたところがまず満足です。

そして、スクーリングの際の講師の方の講義内容が大変、興味深い内容でした。関西弁も新鮮で良かったです。
学んだ内容が仕事に直結する内容であり、大学を修了して15年ほど経ちまし

たが、現在でも学んだ知識は活かすことができています。もちろん、日々の知識のブラッシュアップもしていますが。

実習先の見つけ方

教育実習は2週間ありました。私の場合は特別支援学校に勤務していたので、勤務校の校長のツテで実習校もすぐ決まり、周囲の理解もあり快く教育実習に行くことができました。

もしかしたら、民間企業にお勤めの方は実習校を見つけることが難しいかもしれません。現場の先生方も自分の仕事を抱えているので正直、実習生の面倒を見るのを負担に感じる部分も多く、断られるケースもあると聞きます。

また、勤務している会社を2週間休むことにもなるので職場の理解を得られるかどうかも難しいと感じる点です。

京都観光も楽しめた

スクーリングは京都の大学でやるので、スクーリングのあいまに観光や京都のおいしいものが食べられます。

私は北海道在住ですが、スクーリングで京都に滞在しました。二条城に行ったり、うどんを食べたり。

もちろん、勉強もしましたが。京都が好きで行ってみたい、短期間滞在してみたい方にお勧めです。

その他、お勧めする方は教員免許取得などの目的意識をもって、しっかり自分で学習を進めていける方でしょうか。

真面目に取り組めば単位取得はそれほど難しくなく、修了することができます。

仕事で役立っている

私は通信制大学で特別支援学校の教員免許を取得しました。

当時の私は特別支援学校に勤務していたので学習内容は仕事をしていくうえで大変、役立ちました。

その後、転職し、福祉関連の民間企業で働くことになりましたが、特別支援学校の教員免許を取得する過程で得た知識は現在でも役立っています。その知識をベースに新たに資格も取得し、仕事の幅を広げることができています。

誰にも強制されず、自主的に学ぶ通信機養育は、私の人生の中で学ぶことの大切さを教えてくれました。